ローンの受付

ホーム > ローンの受付 > 無担保住宅借換ローン

無担保住宅借換ローン

お申込をご希望される方は、お近くの当組合営業店窓口へご相談、お問い合わせください。
→【淡陽信用組合 店舗一覧

商品名

だんよう無担保住宅借換ローン

ご利用いただける方

以下の条件をすべて満たしている方
  • お申込時の年齢が満20歳以上65歳以下で完済時の年齢が満75歳以下の個人の方。
  • 勤続(または営業)年数2年以上、かつ、安定・継続した収入の見込める方。
  • 当組合の営業地域内に居住または勤務されている方。
  • 公的および民間金融機関の住宅ローン利用者で返済実績が5年以上あり(ステップ償還の利用者は7年、また2度目以降の借換の場合は前回、前々回を合わせてトータルで7年以上)、かつ直近1年間に返済遅延のない方。
  • 原則として団体信用生命保険に加入できる方。
  • 過去に不渡り、延滞等の事故がなく、(株)ジャックスの保証を受けられる方。
  • 本ローンと他の借入を合わせた年間返済合計額が前年度税込年収の40%以内の方。
  • 反社会的勢力関係者に該当しない方。

お使いみち

  • 住宅金融支援機構、公的住宅ローンおよび民間金融機関の住宅ローンの借換資金。
  • 住宅金融支援機構、公的住宅ローンの特別加算額の借換資金。
  • 上記の住宅ローンの借換と同時に行う新規のリフォーム資金全般。

※本ローンへの借換により金利の軽減が見込める場合に限ります。
※無担保住宅ローン、アパートローンの借換は対象外となります。

ご融資金額

  • 50万円以上2,000万円以内(1万円単位)

但し、自営業者の方の場合は、50万円以上1,000万円以内とします。
また、住宅ローンの借換資金のみの場合は、借換対象住宅ローンの残存一括償還金額(借換にかかる諸費用を含む)を上限とします。

ご融資対象物件

  • 申込者本人が居住する(居住を予定する場合を含む)申込者本人所有の居宅、もしくは申込者本人が同居する(同居を予定する場合を含む)家族所有の居宅とします。

ご融資期間

  • 固定金利型・・・6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
  • 変動金利型・・・6ヶ月以上20年以内(1ヶ月単位)
  • 当初10年固定・変動金利併用型・・・10年超20年以内(1ヶ月単位)

※但し、借換対象住宅ローンの残存償還期間に3年を加算した期間を上限とします。

↑このページの上へ

ご融資利率

  • 当初借入時に以下の1から3の3種類から選択していただきます。但し、融資実行後の変更はできません。
  • 金利については営業店窓口にお問い合わせください。
  • 団体信用生命保険に3大疾病保障特約の付保を希望される場合は、年0.25%を加えた金利となります。
1.【固定金利型】
  • 借入期間10年以内の方のみ選択できます。
  • 借入期間中、金利の変動はありません。
2.【変動金利型】
  • 借入期間に関係なく、すべての方が選択可能です。
  • 当組合が定める基準金利+年1.30%で変動します。

@金利の変更ルール

・毎年10月1日における基準金利を基準として年1回見直しを行い、12月の約定返済日の翌日より変更されます。

A適用利率の変更と約定返済額の関係

・金利に変動があった場合でも、約定返済額中の元金分と利息分の割合を調整し、5年間は約定返済額を変更いたしません。

・約定返済額の見直しは 5年毎に行いますが、新返済額は旧返済額の1.25倍を上限とします。

・当初の借入期間が満了しても未返済額がある場合は、期日に一括返済していただきます。

3.【当初10年固定・変動金利併用型】
  • 借入期間10年超の方のみ選択できます。
  • 借入当初の金利が適用されるのは固定金利期間(10年間)に限ります。11年目以降は変動金利(当組合が定める基準金利+年1.80%) となります。

@固定金利適用期間満了後の取り扱いについて

・固定金利適用期間(当初10年間)満了後は、その時点の基準金利を反映した適用利率に切り替えられます。したがって、固定金利適用期間満了後の適用利率は固定金利適用期間中の適用利率に比べ高くなることもあれば、低くなることもあります。

・適用利率の見直しと同時に、約定返済額(元金+利息分)も見直しとなります。その際、約定返済額の変動幅に上限はありません。したがって、適用利率が急に上がった場合には、約定返済額が大幅に増える可能性もありますのでご注意ください。

A金利の変更ルール

・毎年10月1日における基準金利を基準として年1回見直しを行い、12月の約定返済日の翌日より変更されます。

B適用利率の変更と約定返済額の関係

・金利に変動があった場合でも、約定返済額中の元金分と利息分の割合を調整し、5年間は約定返済額を変更いたしません。

・約定返済額の見直しは 5年毎に行いますが、新返済額は旧返済額の1.25倍を上限とします。

・当初の借入期間が満了しても未返済額がある場合は、期日に一括返済していただきます。

保証料

金利に含みますので、別途お支払いいただく必要はありません。

延滞損害金

年14.6%

ご融資形態

証書貸付

ご返済方法

  • 元利均等返済(毎月の返済額(元金+利息)が一定額となる返済方法)とし、以下のいずれかの返済方法を選択できます。

@毎月返済方式

Aボーナス併用返済方式(毎月返済方式に加え年2回のボーナス月に増額して返済する方式、但しボーナス返済元本は融資金額の50%以内とします。)

  • 返済据置はできません。
  • 返済額の試算については営業店窓口にお問い合わせください。

ご融資の実行方法

原則、本人口座経由で借入先への振込とします。
但し、資金使途にリフォーム資金を含む場合は、リフォーム工事完了後に実行します。その際、借換資金は借換対象住宅ローンの借入先への振込とし、リフォーム資金は販売(工事施工)業者への振込とします。

担保

必要ありません。

保証会社

(株)ジャックス

団体信用生命保険

  • 原則、団体信用生命保険への加入が必要となります。
  • 3大疾病保障特約付の団体信用生命保険に加入される場合の融資利率は、適用金利に年0.25%上乗せした利率となります。 なお、3大疾病保障特約付の団体信用生命保険への加入は、借入時点で満51歳未満の方に限ります。

保証人

  • 原則として不要です。 但し、以下の場合は連帯保証人が必要となります。

@借換対象不動産物件の所有者、共有者がいる場合

A借換対象住宅ローンに連帯債務者または連帯保証人がいる場合

B申込者本人が団体信用生命保険に加入できない場合

C(株)ジャックスが必要と判断した場合

ご用意いただく書類

【申込時】
  • 本人確認資料(連帯保証人を付保する場合は、その方の分も必要となります)

・運転免許証、写真付住民基本台帳カード、健康保険証またはパスポートのいずれか1点

  • 所得証明書(連帯保証人を付保する場合は、その方の分も必要となる場合があります)

・給与所得者・・・源泉徴収票、給与証明書、住民税決定通知書のいずれか1点

・自営業者・・・・・納税証明書(1・2)または確定申告書(受付印のあるもの)

  • 資金使途証明書

・対象となる住宅ローンの借入先、資金使途、約定金利、残存期間及び残高が確認できる書類(償還表・返済予定表等)

・対象物件の土地建物不動産登記簿謄本(発行後1ケ月以内のもの)

・リフォーム資金を含む場合は、見積書、売買契約書、工事請負契約書等

  • 直近1年間の返済状況を確認できる書類

・借換をする住宅ローンの返済用口座通帳の写し等

【融資実行時】
  • 印鑑登録証明書(連帯保証人を付保する場合は、その方の分も必要となります)
【融資実行後】
  • 対象物件の抵当権抹消後の土地・建物不動産登記簿謄本
  • 借換対象が住宅金融支援機構、公的住宅ローンの特別加算分のみの場合は、完済したことを証明する書類(抵当権抹消後の土地・建物の不動産登記簿謄本は必要ありません)

手数料

【取り扱い手数料】
  • 借入に際して手数料は必要ありません。
【繰上返済手数料】

返済期間終了までに一部または全額繰上返済をされる場合、以下の手数料が必要となります。

  • 一部繰上返済手数料(都度)・・・3,000円+消費税
  • 全額繰上返済手数料

・「変動金利型」の全額繰上返済(「当初10年固定・変動金利併用型」における変動金利適用期間時の繰上返済を含みます)

最終償還日までの残存期間が1年未満・・・無料

最終償還日までの残存期間が1年以上3年未満・・・3,000円+消費税

最終償還日までの残存期間が3年以上5年未満・・・7,000円+消費税

最終償還日までの残存期間が5年以上10年未満・・・10,000円+消費税

最終償還日までの残存期間が10年以上・・・20,000円+消費税

・「固定金利型」の全額繰上返済(「当初10年固定・変動金利併用型」における固定金利適用期間時の繰上返済を含みます)

返済残高100万円未満・・・無料

返済残高100万円以上500万円未満・・・10,000円+消費税

返済残高500万円以上1,000万円未満・・・20,000円+消費税

返済残高1,000万円以上2,000万円未満・・・30,000円+消費税

【条件変更手数料】
  • 1件につき5,000円+消費税が必要となります。なお、条件変更の内容により手数料が不要な場合もあります。
    また、条件変更の内容により取り扱いできない場合があります。

ご契約にかかる費用

借換対象住宅ローンに係る抵当権抹消費用、司法書士への報酬、印紙代等が必要となるほか、借換対象住宅ローンの繰上返済手数料等が必要となる場合があります。

その他

  • 申込みに際しては事前に審査を行います。審査結果によってはご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承願います。
  • 金利情勢等に大幅な変更が生じた場合には、予告なく取り扱いを変更または中止する場合があります。

※詳しくはお近くの当組合営業店窓口へご相談、お問い合わせください。
→【淡陽信用組合 店舗一覧

↑このページの上へ